• eBay輸出で笑顔の旅を:)
    Pocket

    「eBayに出品をスタートしたら、問い合わせが多い!!」

     

    こんな感想をお持ちの方は、結構いらっしゃると思います。
    eBayのバイヤーさんは、いい意味で凄くカジュアルです。

     

    価格交渉から、探し物まで、
    いい意味で本当に気軽に連絡をしてくれるのが、eBayのマーケットです。
    ヤフオクの質問の1年分を、eBayでは1ヶ月で対応している感覚でしょうか(苦笑)

     

    日本人は、世界と比較して、人を気にし過ぎです。
    「こんなこと聞いたら悪いかな」と、何となく思ってしまい、
    質問を躊躇してしまうようです。

     

    海外の人は本当にフレンドリーな方が多く、
    「Hi, friend!」とか、「Hello, guy!」みたいな感じで、
    挨拶をするように、様々な質問をしてくれます。

     

    こういった方々は、商品に興味があって、問い合わせをしてきています。
    要は、その疑問が解決すれば、商品を購入して頂ける可能性が高いのです。
    その熱意や興奮が冷めないうちに、素早く回答してあげることがポイントです。

     

    「おっ、このセラーは、回答が早くて、できるヤツかも!」
    と思って頂けるチャンスでもあるので、しっかりと対応していきましょう。
    そういったやり取りの中から、
    いわゆる「リピーターさん」が生まれる可能性は非常に高いです。

     

    eBayは「国際取引の場」の提供をしており、eBayそのものは販売を行なっていません。
    よって、バイヤーさまは、eBayから商品を購入している、という感覚よりは、
    eBayのセラーから商品を購入している、という感覚が強いです。

     

    よって、その取引内容に満足頂ければ、
    あなた、という「個」に対して、多くのお客様が「顧客=リピーター」として付いて頂けます。

     

    「パレートの法則」を覚えておこう

    流通業界では有名な「パレートの法則」をご紹介しておきます。

    「ビジネスにおいて、売上の8割は全顧客の2割が生み出している。
    よって売上を伸ばすには顧客全員を対象としたサービスを行うよりも、
    2割の顧客に的を絞ったサービスを行う方が効率的である。」

    eBayでは、前述の通り、見込みのバイヤーさんとのコミュニケーションによって、
    信頼関係が生まれ、リピートに繋がることが非常に多いです。

    「信頼関係をつくるって、どうやって作るんだろうか?」

    難しいことは何もありません。
    あなたもこれから説明するポイントを是非実行して頂き、
    eBayで、長くお付き合いできるリピーターさんを掴んでください。

     

    1. 1回1回の取引に対して、しっかりとお礼のメッセージを送る。

    eBayでは、ビジネスポリシーなど、事前に様々な設定をすることにより、
    言葉を交わさなくても、取引の成立は可能です。
    しかしながら、積極的なコミュニケーションをとることで、

    ・バイヤー様に安心感を与える
    ・バイヤー様が商品の問い合わせなどの質問をしやすくなる
    ・万が一、到着遅延などがあっても、大きなクレームにはならない

    等のメリットがあります。

    特に、「質問がしやすくなる」という事は、
    バイヤーさんから「こんな商品を探して欲しい」などの
    リクエストを受ける確率が非常に高いです。

    お礼のメールは、一度しっかりと作成しておき、
    テンプレート化して、テキストなどで保存をしておきます。
    以下は、自分が商品発送時に実際に送っているお礼のメッセージです。

     

    Thank you for your purchase and fast payment!
    The item will be shipped shortly.

    It will take 10~14 days normally to arrive in the case of Registered Air Small Packet.
    Sometimes Delay of delivery because it takes more time at customs and post office.
    Over 3 weeks sometimes.
    In particular, the shipment to xxxxx often delay.

    If you cannot receive your item within 4 weeks,
    Please contact us first. Please do not open request.

    Defect rate will be recorded to our account
    once you open request.

    Also In case you want to return the item,
    you receive the item not described or broken,
    Please contact us first. Please do not open request.
    We carry out the work out with responsibility.

    We hope to see you again,
    and if you look for any item, please feel free to contact us.

    Thanks again!!
    Best regards

    名前

    (訳)
    商品をお買い上げ頂き、また素早い支払いを頂き、どうも有難うございます。
    商品は間もなく発送致します。

    eパケットでの発送で、通常10日から14日で到着致しますが、
    たまに郵便局や税関にて時間がかかる場合があり、まれに3週間ほどかかる場合があります。
    特に、xxxxx(国)への発送はよく遅延します。

    もし、4週間を過ぎても到着しない場合は、オープンリクエストせず、まず、当方までご連絡下さい。

    オープンリクエストは、当方のアカウントにマイナス要素として記録されてしまいます。※
    返品希望、商品が説明と異なる、商品破損の場合も、オープンリクエストせず、まず、当方までご連絡下さい。
    責任をもって最後まで対応致します。

    またお会い出来ることを楽しみにしております。
    何かお探しの商品がありましたら、遠慮なくお声掛け下さい。

    どうも有難うございました。

    名前

    ※現在のeBayでは、オープンリクエストがあっても、きちんと解決すれば、アカウントに影響はありませんが、
    eBayを介したクレームということもあり、解決期限も発生するため、出来れば避けたい、という事です。

     

    2. リピーターさんかどうかの確認方法

    eBayで同系統の商品を取り扱っていると、
    過去、落札頂いたバイヤーさんに再度購入して頂けていることがあります。

    購入頂いたバイヤーさんのeBay IDや名前を見て、
    もし、リピーターさんと気がついた場合は、上記の例文の一番上を
    「Thank you for your purchase and fast payment AGAIN!!」と、
    「また買ってくれて有難う!」とするだけでも効果的です。
    自身が逆の立場であれば、
    「あ、このセラー、自分のことを覚えてくれていたんだ!」と思って頂けるはずです。

    取引数が多くなってくると、すぐにリピーターさんかどうかは
    だんだん分からなくなってくるものです。
    このような場合は、自身のメールソフト内を該当のバイヤーさんのeBay IDで検索し、
    過去に取引がある方であれば、以前のeBayからの落札メール、またはPayPalからの支払メールが
    検索結果として表示されます。

    eBay上では、90日を超えると、取引履歴が消えてしまいますが、
    eBayの取引に関するメールを残しておくことで、90日以上前の購入履歴も拾うことが出来ます。

    顧客リストを作成する方法もありますが、
    この方法ですと簡単にリピーターかリピーターでないかの判断をすることが出来ます。

     

    3. 御用聞きをしてみる

    沢山購入いただいた方、高額品を購入頂いた方、コレクターの方、
    コミュニケーションをしっかりと行なった方には、
    定期的に御用聞きをしてみると効果的です。

    例えば、とあるアーティストのファンの方に
    「あなたが好きな◯◯のレコードが入荷したので、是非ページを見て下さい。」
    と、そのページのリンクを添えて、メッセージを送る、という具合です。

    また、ヤフオクやメルカリなどをリサーチしていて、
    過去に取引のあったバイヤーさんが欲しがりそうな商品を見つけた際は、
    「Retailerであなたが気に入りそうな商品を見つけたけど興味ありますか?」
    とお声がけします。もしも、「欲しい!」といってくれた場合には、それを仕入れます。
    ※ヤフオクは「Retailer=小売業者=取引先」と表現するのがポイントです(苦笑)

     


     

    もちろん、そのバイヤーさんから返信がない場合もありますが、それはそれです。
    むしろ、返信は期待しないほうが良いです。期待すると凹みますからね(笑)
    継続していれば、必ずリピート販売に繋がるバイヤーさんを見つけることはできます。

     

    インターネット上の売買は、一度取引のあった人であれば、お互い、安心して取引が出来ますよね。
    特に、eBayのような国境を超えた取引は、価格云々より、こういった信頼関係が重要視されます。

     

    自分も、とあるバイヤーさんからリクエストされた商品が、
    既にeBayに出品されていていた際、「eBayに出品されているよ!」と
    教えてあげたにも係わらず、「いや、君から買うよ!」と、
    嬉しいコメントを頂き、取引に繋がったことがあります。凄く、嬉しい体験でした。

     

    あなたも、是非、「パレートの法則」を意識して、
    一度取引のあったバイヤーさんとのコミュニケーションを大事にし、信頼関係を作っていって下さい。
    そして、バイヤーさんに喜んで頂きましょう。
    あなたのそんな行動は、リピーターさんを生み、継続的な売上に繋がっていきますよ!

     

     

    にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
    にほんブログ村


    輸入・輸出ビジネスランキング


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。