• eBay輸出で笑顔の旅を:)
    Pocket

    eBayの取引にて、バイヤーから
    「別の住所に送ってほしい」と言われることがあります。

     

    メッセージ内には、
    eBayに登録された発送先住所と
    異なる住所が記載されています。

     

    「引っ越した」「勤務先」「友人宅」「出張先」など、
    バイヤーにも、様々な事情がありますよね。
    つい、「OK!」と回答してしまいそうですが、お断り下さい。

     

    eBayに登録された発送先住所以外への発送でのトラブルは、
    トラッキングがついていたとしても、補償の対象にはなりません。

     

    トラッキング上、商品が到着しているにも係らず、
    悪意のあるバイヤーから、「商品が届かない」というケースを上げられた場合は、
    eBayから全額返金の措置を取られ、商品も持って行かれてしまいます。

     

    このような詐欺に合わないよう、
    バイヤーには、以下のように対応します。

     

    支払い前

    1. バイヤーに「発送希望先住所をeBayに登録して下さい」と依頼します。
    バイヤーが行う手続きですが、参考までに、以下が手順となります。

    Home > My eBay > My Account > Addressesの
    View all shipping addressesをクリックします。

     

    2. 現在登録中の発送先住所が表示されます。
    「Add new address」で新規の発送先住所を登録することが出来ます。
    発送先住所は、複数登録することが出来ます。

     

    3. 新規に登録した発送先住所を設定後、バイヤーに購入した商品の決済をして頂きます。
    まず、「Pay Now」をクリックしますが、その後に出てくる「Change address」をクリックし、
    希望の発送先を選択し、決済を完了させます。

     

    4. 決済後は、eBayにて発送先が変更されているかを確認します。
    また、PayPalから送られてくる「支払い受領」のメールにも、
    変更後の発送先が反映されますので、表示されていれば、取引は問題なく続行できます。

     

    支払い後

    1. バイヤーが支払ってしまった後は、お断りするか、
    その取引を一旦キャンセルし、前述の手順を踏んだ上で、再度購入頂きます。

     

    2. 取引のキャンセルは、
    My eBay > Selling > Order (又はSold)内
    該当取引のActions(またはMore actions)▼から「Cancel order」をクリックします。

     

    3. キャンセルの理由は、ドロップダウンメニューから、バイヤー都合を選択します。として下さい。
    セラー都合としてしまうと、アカウントにDefectがついてしまいますので、注意して下さい。

     

    4. Continueをクリックすると、確認のポップアップが表示されます。
    「Send refund」をクリックすれば、完了です。

    5. eBay上のキャンセル手続きが完了すれば、
    PayPalから自動でバイヤーへ取引金額の全額が返金されます。
    セラーへは、eBayの落札手数料、PayPalの手数料が返還されます。

     

    6. 該当商品を再出品し、バイヤーへ連絡し、前述の手順を踏んだ上で、再度購入頂きます。

     

     

    今日のまとめ

     

    eBayのバイヤーから「発送先を変えて欲しい」と言われた場合は、
    その住所を、必ずeBay上の発送先住所に登録をして頂きます。

     

    「まあ、いいか」と、軽く受けてしまいがちですが、
    例え、それが近所であっても、登録された発送先以外には送らないで下さい。

     

    前述で記載したeBayのオープンケース以外にも
    PayPalのチャージバック申請の悪用にも気をつけましょう。

     

    取引が完了して、忘れた頃、具体的には、
    eBayの取引履歴がSold Listingsから消える90日を超えたあたりで、

     

    バイヤーがクレジットカード会社を通して、
    PayPalに対して許可していない支払いという理由で、
    チャージバックを申請するケースが多くみられます。

     

    PayPalのチャージバックは180日有効で、
    あくまでPayPalの明細に表示された、
    要はeBayの登録住所に送っていないと、保護の対象にはなりません。

     

    180日=約半年前のことは、
    まず、セラー側も忘れていますので、1つ1つの取引を正確に行なってください。

    にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
    にほんブログ村


    輸入・輸出ビジネスランキング


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。