• eBay輸出で笑顔の旅を:)
    Pocket

    eBayで販売した商品は、国際輸送を使って、
    海外のバイヤーさま宛に発送します。

     

     

    海外への発送には様々な手段がありますが、
    まずは、最も多く使われている
    日本郵便の国際郵便を活用していきましょう。

     

     

    バイヤーさまの住所や名前等、発送先は、
    日本の郵便同様に手書きで行うことも出来ますが、
    英語をはじめとした、外国語の転記ミスがないよう、
    また、作業の効率化を図るため、手書きではなく、
    国際郵便マイページのシッピングツールを利用し、
    送り状を作成しましょう。

     

     

    国際郵便マイページとは?

     

    国際郵便マイページとは、日本郵便による国際郵便利用者向けの専用ウェブサイトで、
    無料で使うことができます。

     

    このサイトの「オンラインシッピングツール」という機能は、
    必要な情報を入力することで、送料を自動で計算し、
    EMS、国際eパケット、国際小包、国際書留郵便などの
    発送に必要な送り状から税関申告書、インボイスに至るまでの
    書類を印刷することができます。
    また、国ごとに異なる書類の枚数も
    自動的にカウントしてくれるので大変便利なサイトです。

     

     

    オンラインシッピングツールの利用ステップは以下のとおりです。

     

     

    ①国際郵便マイページへの会員登録
    ②オンラインシッピングツール専用のパウチ(送り状袋)を入手
    ③依頼主の選択
    ④お届け先の入力
    ⑤発送方法の入力
    ⑥内容品の入力
    ⑦重量の入力
    ⑧送り状を印刷する

     

     

    ①国際郵便マイページへの会員登録

    以下URLにアクセスし、ご自身の住所、氏名などの情報を入力し、新規登録を行います。
    https://www.int-mypage.post.japanpost.jp/mypage/M010000.do

     

    ②オンラインシッピングツール専用のパウチ(送り状袋)を入手

     

    オンラインシッピングツールで作成する送り状を
    荷物に貼り付けるためのパウチを入手します。パウチは無料です。

     

    パウチの注文から到着までは約1週間程度かかります。
    なお、このパウチは、郵便局の窓口ではもらえませんので、
    常に多めにストックしておくことをお薦め致します。

     

    ③依頼主の選択

     

    「送り状を作成する」をクリックします。

    サイトへの登録時に入力したご自身の登録住所を選択し、
    「お届け先の選択へ」をクリックします。
    倉庫など、他にも商品の発送元があるなら、複数登録できます。

     

    ④お届け先の入力

     

    販売した商品のお届け先の名前、住所等は、eBayのMy eBay > Sold Listings(または、Order)に表示されている該当商品の「Actions▼」から「View sales record」から見ることができます。

     

    バイヤーさまの名前、住所、電話番号等、発送先情報が、
    「Sold listing Sales record」に表示されています。

    上記の情報を、コピー&ペーストでオンラインシッピングツール上に入力をします。

    入力が完了したら、「この内容で登録する」をクリックします。

     

     

    ⑤発送方法の入力

     

    ここでは、EMS、国際eパケット等の発送種別、
    航空便、船便などの発送方法を選択します。
    これは、eBayにてバイヤーさまが選んだ発送方法となります。

     

     

    ⑥内容品の入力

     

     

    「内容品を登録」をクリックし、発送する荷物の内容品を入力します。

     

    ここでは、内容品を「中古の雑誌」とし、「Used Magazine」と英語で入力します。
    次に、商品単価を入力します。通貨は、日本円の他、ドル、ユーロ、ポンドなどが選択できます。
    ドルなどを日本円に直す際、1円単位まで換算する必要はないです。
    「*」マークがついている箇所は必ず入力しますが、他は分かれば入力して下さい。
    入力したら、「この内容で登録する」をクリックします。

    ※商品の英語表記が分からない場合は、「日英対訳集」を参考にするか、
    http://www.post.japanpost.jp/int/use/publication/food.html
     Google翻訳などで調べます。

     

     

    内容を確認し、「登録」をクリックします。

     

     

    「送り状:内容品登録へ戻る」をクリックします。

     

    内容品の総額を記入します。商品が複数ある場合は、ここにその総額を日本円で記載します。

     

    内容品種別は、「eBayで販売したものを発送する」ので、ここは「商品」を選択します。
    (各種別の意味は、別の記事で説明します。)

     

    「危険物は入っていません」という確認で、チェックボックスにチェックを入れ、
    「発送関連情報の入力へ」をクリックします。

     

    ※危険物を含めた「国際郵便として送れないもの」は、日本郵便の以下リンク先をご参照下さい。
    http://www.post.japanpost.jp/int/use/restriction/index.html

     

     

    ⑦重量の入力

     

    総重量を入力すると、⑤で選択した発送方法に基づいて、
    郵便料金が自動的に計算され、表示されます。
    万が一、ここの重量を間違えて入力した場合でも、
    郵便局の差し出しの際に料金が確定されますので、
    再印刷をする必要はありません。手書きで修正してくれます。
    税関告知書・インボイスなどの必要書類は、
    必要な枚数を自動的に印刷してくれますので、特別な設定は不要です。
    もし、任意で印刷をしたい場合は、枚数を入力します。

     

    配送ステータスは要所要所に到着した際にメールでお知らせをしてくれる任意の機能です。
    必要がなければ、空欄で構いません。
    完了したら、「登録内容を確認する」をクリックします。

     

     

    入力内容が全て表示されますので、確認できたら、「送り状を登録する」をクリックします。

     

    「注意事項に同意して送り状を印刷」ボタンをクリックします。
    もし、発送先が、中国、台湾などの場合は、
    正しく印刷ができるよう。中国語フォントをインストールしておいて下さい。

     

     

    ⑧送り状を印刷する

     

    表示されている表の左側の「お問い合わせ番号」は、
    eBayのTracking Numberに当たります。
    どの書類が何枚出力されるのかが表示されます。

     

    印刷マークをクリックすると、プリンターから印刷されます。
    印刷は、カラーでも白黒でもどちらでも構いませんので、
    インクの消費量を考えますと、白黒で十分です。

    無事に印刷できました

     

    送り状本体、郵便局控え、依頼人控えの3つにカットし、パウチに入れます。
    この場合、パウチの封は閉じずに郵便局へ持ち込んで下さい。

     

     

    今日のまとめ

    国際郵便マイページのオンラインシッピングツールは、
    必要な情報を入力することで、送料を自動で計算し、
    発送に必要な送り状の他、国ごとに異なる書類の枚数も
    自動的にカウントしてくれるので大変便利なサイトです。

     

    eBayにおける商品の発送においては、
    国際郵便マイページはなくてはならない存在ですね。

     

    実は、バイヤーさま情報をコピー&ペーストすらしなくて良い
    eBayの公式ツール「eBayシッピングツール」が存在します。
    https://labelprint.ebay.co.jp

     

    この「eBayシッピングツール」をすぐに使う事もできますが、
    まずは、国際郵便マイページのオンラインシッピングツールを使って、
    入力する内容の意味をしっかり理解して下さい。

     

     

    何かトラブルや不具合があった際に、原因をつかみやすくなります。
    また、システムトラブルなどを回避するため、両方使えておくと大変便利です。


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。