• eBay輸出で笑顔の旅を:)
    Pocket

    こんにちは。eBay家庭教師の鈴木です。

     

    2019年2月26日に、eBayセラーアップデートの詳細が発表されました。
    https://pages.ebay.com/seller-center/seller-updates/2019-early/index.html#m17-1-tb1

     

    タイトルには、いつものSpringとかSummerなどの季節が入っておらず、「2019 Early Seller Update」となっています。

     

    4月後半の本格的な定期アップデートに先駆けて、「セラーにいち早く知っておいてほしい」アップデート内容を伝えることが目的のようです。

     

    アップデート項目は以下の7つです。

     

    ①Send offers to buyers with new feature
    ②Edit active listings directly in Seller Hub
    ③Download the Orders Report directly in Seller Hub
    ④Listing duration for all fixed price listings will be Good ‘Til Cancelled
    ⑤Provide item specifics to list items without the eBay catalog
    ⑥Automatic updates of “New other” condition listings
    ⑦Terapeak subscription is now available on eBay
    ⑧State sales tax requirement update

     

    この記事では、⑤~⑥について、解説を致します。

     

     

    ⑤Provide item specifics to list items without the eBay catalog

    昨今のeBayは、「商品ベースのマーケットプレイス」を目指しており、eBayカタログという機能に力を入れてきました。

     

    eBayカタログとは、eBay内に予め準備された商品情報の事です。セラーにとっての出品時のメリットは、アマゾンでの出品のように、UPCなどを入力すると、eBayカタログに登録されている商品情報が表示され、簡単に商品が出品できる、ということです。

     

    しかしながら、今回のアップデートは、「eBayカタログにある商品は、eBayカタログを使って出品せよ!!」
    という方針から、「eBayカタログに縛らず、Item Specifics/商品情報の提供に努めましょう」に変更されました。

    eBayにとって、eBayカタログの整備は、思った以上に難儀だったのでしょう(苦笑)

     

    ジャンルにもよりますが、日本製品はカタログにあまり登録されていないので、日本のセラーはあまり関係がなかったように思えます。

     

    仮に登録されていても、間違いが多く(苦笑)そのまま使うと、バイヤーさんに迷惑がかかるため、結局使えない、という状況が自分には多くありました。

     

    という訳で、これまで通り、バイヤーさんに正確な商品情報を伝えるため、あるいは、SEO対策として、Item specifics/商品情報は、しっかりと入力していきましょう。

     

     

    ⑥Automatic updates of “New other” condition listings

     

    eBayには「New other(see detail)」というコンディション表記がありました。

     

    今回のアップデートでは、この表記が「Open Box」あるいは「Used – Like new」へと自動更新されたのです。

     

    「New other(see detail)」とは、
    ・全く使用されていない新品の未使用品ではある
    ・元のパッケージがなかったり、元のパッケージはあるが、密封されていない
    ・いわゆるアウトレット、B級品の可能性がある
    ・詳細は、セラーの説明を見ること
    という意味です。

     

    「Electronics(家電)」「Home & Garden」「Health & Beauty」「Musical Instruments(楽器)」そして「Business & Industrial」のカテゴリーで使用されていました。

     

    しかしながら、商品情報の詳細表現がセラーによって曖昧であることから、部品が足りなかったり、動作しなかったり、ひどいものになると、単なる中古だったりと、トラブルも少なくないのです。

     

    「New other」という状態は、日本ではあまり馴染みのない表現ですが、eBay輸入をされている方にとっては、
    「New otherは、とんでもない状態の商品が到着する可能性があるので、仕入れてはいけない」とよく言われていますよね。

     

    新しい表現である「Open Box」とは、一般的に、販売後にユーザから返品された商品を指します。
    例えば、
    ・色やモデル違いで誤配送されてしまった商品
    ・顧客が望んだサイズ、規格などに合わなかった商品
    などです。「ほぼ新品だが、開封済み」という事ですね。

     

    「Used – Like new」は、機能的な欠陥がなく、良好な状態にある商品を指します。店内のデモ品や展示品もこれに該当します。

     

    今回のアップデートで、New otherという表現を
    「Electronics(家電)」「Home & Garden」「Health & Beauty」「Musical Instruments(楽器)」のカテゴリーでは、「Open Box」、

     

    「Business & Industrial」のカテゴリーでは、「Used – Like new」

     

    という表現に、この数ヶ月間で自動で変更されるとの事です。

     

    さて、eBayの思惑通り、トラブルは減るのでしょうか。まあ、減らないでしょうね(苦笑)

     

    新しいコンディションのガイドライン通りに出品されれば良いのですが、これまでの状況から考えると、そうはいかないように思えます(笑)自分も「Like new」の商品を仕入れて、何度、痛い目にあっているか(苦笑)

     

    ちなみに、今回のアップデートに係らず、出品時にコンディションをつける際は、実際に感じたコンディションの「半ランク下」にすることをオススメします。

     

    自分も、レコード盤のコンディションは、「Like new」や「Near mint」の表現で全く問題ない状態の場合でも、「Excellent」と、半ランク下げてつけるようにしています。これによって、「思ったより状態が悪かった」と言われるようなトラブルは一度もないです。「想像していたより、はるかに状態が良く、まるで新品のようだった!!」と高評価を頂けたことは何度もあります。

     

     

    今日のまとめ

    ⑤Provide item specifics to list items without the eBay catalog
    → eBayカタログの縛りなく、Item Specifics/商品情報の提供に努めること

    ⑥Automatic updates of “New other” condition listings
    → 「New other」という状態表現は、「Electronics(家電)」「Home & Garden」「Health & Beauty」「Musical Instruments(楽器)」のカテゴリーでは、「Open Box」、「Business & Industrial」のカテゴリーでは、「Used – Like new」に変更される

     

    ご質問/お問い合わせはこちらから!!

    ご質問/お問い合わせ

     


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。