• eBay輸出で笑顔の旅を:)
    Pocket

    こんにちは。eBay家庭教師の鈴木です。

     

     

    eBayには、日本のヘルスケア製品、一般薬が沢山出品されております。サプリメント、ビタミン剤、目薬、風邪薬、頭痛薬、サロンパス、アンメルツのような消炎剤など、毎日落札されており、人気が高いカテゴリーと言えます。

     

     

    ヘルスケア製品、薬を出品する際、気をつけるポイント

    まず、サプリメント類は、いわゆる食品にあたりますので、ルールは食品の出品と同様です。ポイントは次の4つとなります。

    • 賞味期限が商品説明に明記されていること。
    • 賞味期限満了までに、バイヤーに届けられること。
    • 元の食品に加工を加えないこと。
    • 安全に保管されたものを出荷すること。

     

     

    サプリメント類はあくまで栄養補助、健康補助目的にあたりますので、まるで薬の効能のような表現を商品説明に記載することは出来ません。

     

    次に、医薬品ですが、いわゆる処方箋が不要な一般薬やビタミン剤については、eBayで販売することは可能です。こうした一般用医薬品の事をOTC薬品と呼ぶこともあります。「Over The Counter」(英語で、カウンター越しに販売する)が語源です。

     

     

    薬を輸出をするときの注意点

    一般用医薬品をドラッグストアやネットショッピングで販売されている状態のものを、そのまま輸出転売するだけであれば、薬事法の制限は受けません。

     

    「そのまま」というのが大きなポイントで、輸出先の言語の翻訳などをつけたりすると、「製品に変更を加えた」事になってしまい、医薬品に関する法律に抵触します。変更を加えることは「製造」と見なされ、医薬品製造業許可が必要となります。バイヤーに良かれと思って行なったことが、実は法律違反になってしまいます。

     

    また、何らかの理由で製品が日本に返品された場合、医薬品製造販売業の許可がないと輸入することはできません。不在による保管期間満了で返送扱いになってしまった場合は、商品を戻すことが出来ません。よって、あらかじめバイヤーさまに事情を説明したり、高価なものは避けるなどの工夫は必要になります。どの国でも、輸出より輸入に対しては規制が厳しい、という事を覚えておいて下さい。

     

    参考:ジェトロ
    医薬品輸出における日本での許可事項:日本
    httpss://www.jetro.go.jp/world/qa/04A-000925.html

     

     

    食品と同様に、使用期限が商品説明に明記され、使用期限満了までに、バイヤーに届けられることも条件となります。

     

    商品説明には、「私はこれを使用して、腰の痛みが和らぎました」など、個人的な使用感を記載することは許可されていますが、全ての人に同じ効果があるような表現はすることが出来ません。

     

    薬ではないですが、処方箋が必要なコンタクトレンズ・眼鏡は出品できません。眼鏡についいては、医療器具としての使用目的ではなく、コレクター品としてのヴィンテージ眼鏡の出品は許可されています。

     

    薬や医療器具を専門的に扱おうと思っている方はいないと思いますが、何か特殊なものを販売したい場合には、アメリカ以外の各々国による法律・条例もありますので、事前に確認をしておきましょう。

    https://pages.ebay.com/help/policies/prescriptions.html

     

     

    今日のまとめ

    この記事で説明した内容は、あくまで一般的なものとなります。成分によって、国で輸入が認められないもの、アルコール度数の関係で、発送が出来ないものなど、様々な制限があります。eBayのSold listings(販売履歴)に掲載されているもの全てが扱えるとは思わないことが重要です。キャンセルになったもの、発送が出来なかったものは、Sold listingsには反映されません。取り扱う前には、十分に確認をされておくことをお薦めします。

     






    記事がお役に立てましたら、応援のクリックをお願い致します!!

    にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
    にほんブログ村

    輸入・輸出ビジネスランキング

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。