• eBay輸出で笑顔の旅を:)
    Pocket

    こんにちは。eBay家庭教師の鈴木です。

     

    eBayで販売した商品に、ダメージなど、何らかの不具合があった場合、返品になってしまうことがあります。この際、バイヤーさんから「Return Labelを送ってほしい」と言われる事があります。

     

    このReturn Labelとは、返品ラベル、eBayのReturn shipping labelの事です。アメリカ国内の取引の場合、バイヤーさんが返品をし易いように、返品用のラベルが簡単に作れるようになっています。日本のアマゾンで商品を返品する時に印刷するラベルのようなものです。

     

    ところが、このeBayの返品ラベルは、アメリカ以外のセラーは取り扱う事ができません。

     

    この記事では、「アメリカ国内におけるeBayでの返品方法」を理解した上で、日本での返品の取り扱い方について、解説をします。

     

     

    アメリカ国内におけるeBayでの返品方法

    eBayでは、何らかの理由で、商品を返品する際、バイヤーさんがReturn Request(返品リクエスト)をオープンします。セラーは、eBayが定めた期日までに、返品対応をする必要があります。この場合の返送料は、Return policyにて返送費用をセラー負担(Free return)になっている場合、または、セラー側の過失の場合は、セラーが負担します。アメリカ国内の取引であれば、そのセラーは、eBayを通じて、USPS(United States Postal Service / アメリカ合衆国郵便公社)のReturn Shipping Labelを購入し、それをバイヤーさん宛に送信します。

     

    Return Shipping Labelを受け取ったバイヤーさんは、それを印刷して、セラーに返送します。バイヤーさん側で送料を立て替えたり、セラーからの返品送料の送金を待ったりする必要がないのが大きなメリットです。

     

    このReturn Shipping Labelは、eBayとUSPSがデータ提携によるものなので、これを使って返品ができるのは、アメリカ国内における取引のみです。アメリカ国内でのReturn Requestの画面には、以下のようにReturn Shipping Labelを購入できる機能がついています。

     

    日本のセラーは返品ラベルを作成できない

    eBayにおける返品方法をよく知っているアメリカのバイヤーさんの場合、アメリカ国外のセラーへの返品でも、このReturn Shipping Labelが使えると思っている場合があります。これが、「Return Shipping Labelを送ってください」と、日本のセラーに尋ねてくる理由です。日本は、多くの場合、日本郵便が窓口となるため、USPSの機能は利用することが出来ません。

    よって、アメリカのバイヤーさんから、このような依頼が来た場合は、まず、日本のセラーは、Return Shipping Labelが扱えないことを説明します。そして、返送費用の取扱いは、一旦バイヤーさんに立替えてもらい、商品が返送されたら、その返送費用をPayPalからバイヤーへ送金する事も併せて説明します。

     

    (例文)
    Hi,
    We are sorry that we cannot send return shipping label to you,
    because we are Japanese seller.
    Return shipping label can be issued by US sellers who use USPS ONLY.

    Please return this item to us.
    After we receive the item,
    we’ll refund item cost, original shipping cost and return cost.

    Best regards

     

    (訳)
    こんにちは。
    申し訳ないのですが、あなたに返品ラベルを送ることができません。
    理由は、私たちは日本のセラーだからです。
    返品ラベルは、アメリカのセラーで、かつUSPSを使用した場合のみしか利用できません。
    商品を返送していただき、返品商品を受領しましたら、商品代金、送料、返送料を返金させて頂きます。

     

     

    返送に関する注意事項

    バイヤーさんに商品を返送してもらう際は、事前にキャリア(運送会社)と返送料金を必ず確認します。キャリアはどの国の場合も「郵便局」のサービスを使ってもらうようにします。FedexやDHLなどの運送会社の場合、とんでもない返送費用が発生する場合がありますので、注意が必要です。アメリカであれば、USPSのサイトにPostage Price Calculatorという送料を計算できるページがあります。バイヤーさん任せにせず、必ずセラー側でも確認を行います。

    httpss://postcalc.usps.com/

    なお、返送費用をバイヤーさんへ先に送金するか、立て替えてもらうかは、バイヤーさんとの相談になります。筆者としては、立て替えてもらったほうが良い、と考えています。送料だけ送金して、その後、返送されなかった場合、面倒な事になるからです。

     

    しかしながら、eBayに相談すると、大体「先にPayPalで送料を送金して下さい」と言われるそうです(苦笑)バイヤーさんに一時的でも負担をかけない、という方針のようです。バイヤーさんとあまり良い関係でない場合であれば、先に返送料を送金した方が良いでしょう。

     

     

    今日のまとめ

    eBayにおいて、アメリカ国内の取引に関する返品は、セラーが予め送料を支払った「Return shipping label」が使われています。しかしながら、これは、アメリカ国内専用のため、アメリカ国外では使用できません。よって、バイヤーさんに一旦送料を立て替えてもらうか、先に送料をPayPalで送金し、対応を行います。


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。