• eBay輸出で笑顔の旅を:)
    Pocket

    こんにちは。eBay家庭教師の鈴木です。

     

    eBayの出品においては、リサーチを重ねて仕入れた商品でも、出品時の価格のまま、100%売り切る、ということはあり得ません。いつまでも売れない在庫を抱えていたら、次の仕入れができなくなってしまいます。

     

    この記事では、売れない商品を売り切る方法を解説していきます。

     

    売れない商品の考え方

    どんなに優秀なお店でも、リアル、ネット限らず、100%全商品を売り切るという事はありません。

    スーパーでは、閉店間際に生鮮食品を中心にタイムセールを行います。翌日はもう販売できないものを、当日売りさばいてしまう、という事ですね。

    コンビニでは賞味期限間近の商品は、値下げシールが貼ってあります。

    百貨店・ショッピングセンターでは、バーゲンセールで季節商品を値下げして売り切ります。例えば、夏物が売れ残ってしまうと、来年まで売るチャンスがなくなってしまいます。

    これらの商品は、当然、プロのバイヤーが、過去の売上実績やトレンドを見ながら、適正であろうと思われる商品数を準備していきます。しかしながら、あくまで予測になるので、売れすぎて足りなくなることや、逆に売れ行きが悪く、在庫が残ってしまうこともあります。

     

    eBayでの販売も全く同様に捉えて下さい。「ちゃんとリサーチして出品したのに、売れ残ってしまったんです」と嘆く方がいます。eBayのリサーチの際に使う「Sold listings」は、その名の通り「売れた商品」ですので、あくまで過去実績です。「売れるだろう」という予測を立てることは出来ますが、「必ず売れる」ではありません。キチンとしたリサーチに基づいた仕入れを行なっても「売れ残りがある」のは普通と捉え、そのような時に何をするべきかを理解しておきましょう。

     

     

    商品の在庫期間を決めておく

    商品を在庫として保有する期間を予め決めておきます。食品、化粧品など賞味期限、使用期限があるもの以外は、置いておいても腐りません。よって、自身で期限を決めておかないと、いつまでも売れない商品を在庫としておいておくことになります。例えば、6ヶ月以内に必ず売り切ると決めたら、最初の1ヶ月で売れない場合は20%値下げ、それでも売れない場合は2ヶ月目で50%に再値下げ、というようなイメージです。資金に余裕がない方は、期間は3ヶ月とか1ヶ月とか、短めに設定する必要があります。

     

     

    売れない商品はどのようにするのか?

     

    ①価格を下げる

    最もストレートな方法です。ただやみくもに下げるのではなく、eBayで同じ商品が出品されている場合、そのセラーの価格よりちょっと下げる、Sold listingsを確認して、実際に売れている価格に合わせる、といったように、現状との比較で価格を調整します。複数商品をまとめて値下げしたい場合は、Promotions機のMarkdown機能を使い、◯%OFFなどとすることも有効です。

     

    ②Best Offer(値下げ交渉)をつける

    価格はそのまま据え置いて、値下げ交渉をつけます。現在、他の出品もなく、Sold Listingsにもない、要はたまにしか出品されず、マニアは欲しがるが、多くの人が欲しがるようなものでない商品の場合に有効です。

     

    ③出品形式を変えてみる

    オークション出品であれば即決出品に、即決出品であればオークション出品に切り替えます。即決出品で、値下げをしても、Best Offerをつけても反応がない場合、原価+アルファ程度をスタート価格とし、オークションを行なってみて下さい。一般的に、eBayでは即決よりオークションのほうが安く購入できるが多いため、オークションでしか商品を購入しないバイヤーさんもいらっしゃいます。そういった方へ商品をリーチさせることが出来ます。

     

    ④送料設定を変えてみる

    送料別で出品しているなら、送料込み(Free shipping)に、送料込みで出品しているなら、送料別にしてみます。例えば、同じ商品を送料込みで$100で出品しているセラーが多ければ、敢えて送料別にして、商品本体$80、送料$20と、本体を安く見せてあげる、という事です。逆に、送料別のセラーが多ければ、送料込みとすれば、eBayの場合は検索上位に優遇される場合があります。

     

    ⑤セット販売にしてみる、バラして販売してみる

    売れていない商品を組み合わせてセット販売することで、突然売れることはよく有ります。例えば、レコード◯枚セットや、フィギュア◯体セット、という具合です。逆にセット物をバラして販売することも有効です。

     

    ⑥他のプラットフォームで販売する

    eBay上で様々な試みをしても、反応がない場合は、日本のヤフオクで販売します。もし、その売れない商品の仕入先がヤフオクであれば、その商品をヤフオクで販売します。元々の仕入先ですので、大きく価格がブレることなく、商品を処分することが可能です。ヤフオクの他、メルカリ、ラクマ、アマゾンなどの国内プラットホームの他、別な国のeBay、例えば、ドイツやオーストラリアといった場所も良い結果に繋がることが多いです。

     

    ⑦お得意様、リピーターさんへプレゼントしてしまう

    その商品があまり大きくなく、かつ関連商品であれば、お得意様、リピーターさまにおまけとして活用することはありです。全く関係ないものはかえって迷惑ですので止めましょう。

     

    ⑧リサイクルショップ、BOOK OFF、HARD OFFで処分する

    上記①~⑦でどれも当たらない、という事はないと思いますが(苦笑)最終手段とお考え下さい。場所によっては、買取金額の他にクーポンをくれたり、「通常の買取金額から◯%アップ」のような買取アップキャンペーンに合わせる事も有効です。

     

     

    今日のまとめ

    いわゆる物販では、仕入れた商品を最初に設定した価格で100%売り切ることは不可能です。よって、自身で決めた期限内に売り切るよう、前述の8つの方法を使って、いつも健全な在庫状況を整えておくことが望ましいです。


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。