• eBay輸出で笑顔の旅を:)
    Pocket

    こんにちは。eBay家庭教師の鈴木です。

     

    しっかりとリサーチをして、仕入れた商品でも、eBayで思ったように売れない事はあります。
    このような場合、値下げ、写真の入れ替え、商品説明の見直しなど、を行いますが、

     

    同じ商品を、複数のプラットフォームに同時に出品する、という方法があります。
    例えば、eBayとヤフオクに出品する、eBayとメルカリに出品する、という事です。

     

    この場合、どちらかで売れたら、すぐに片方の出品を終了する、という点は十二分に留意して下さい。
    ヤフオクやアマゾンの出品ページでは、
    「他のサイトでも販売しているため、在庫切れの場合があります。」などといった
    注意事項が書かれている場合があります。

     

    しかしながら、eBayでは禁止事項、ポリシー違反となります。例えば、以下のような文言です。

    It may be out of stock at the time of purchase.
    We’re simultaneously selling it at other site.
    (商品は他のサイトでも販売しているので、在庫切れの可能性があります。)

     

    eBayは、無在庫販売、ドロップシッピング、予約販売など、
    販売方法は問いませんが、在庫切れによるキャンセルを最も嫌います。
    よって、在庫切れの可能性がある、という文言は、
    バイヤーにとって親切に書いたつもりであっても、不適切と言えます。
    今回は、Item description(商品説明)に書いてはいけないことを整理して、解説してまいります。

     

     

    正しいItem descriptionとは?

    eBayにおける商品の出品ページは、
    バイヤーが商品に関する情報、送料や返品に関するルールを確認するためのものです。
    写真やCondition、Item specifics、各種ポリシー以外で補完する必要のある事を、
    Item descriptionで表現していく必要があります。
    例えば、関税に関する事など、取引上における注意事項であったり、
    Conditionの詳細、ダメージ部分に関しての詳細などを記載していきます。

     

     

    Item descriptionで許可されていない事とは?

    1. バイヤーを勘違いさせるような商品説明

    例えば、出品ページのタイトルが「iPod 16G music player Black 2000」となっているにも係わらず、
    8Gや32Gなど、タイトルと競合する情報を入力することは許可されていません。
    商品説明に「8Gは何曲保存できます、16Gは何曲保存できます。」
    といった、商品スペック比較表的なものはよく見かけますが、厳密にはポリシー違反ということになります。

     

    2. バイヤーがeBayで購入することを妨げるコメントや、
      eBayセラー及びeBayの信頼を損なう可能性のあるコメント

    例えば、「Feedbackゼロ(新規)のバイヤーは取引をお断りします。」というような、
    バイヤーを差別するような文言だったり、
    「Feedbackを残す際は、Positiveのみ、DSRは星5つの場合のみ残してください。」というような、Feedback(評価)を強制するような事を指します。

     

    3. eBayのPowerSeller、Top-rated seller、Top Rated Plusのアイコンや類似のロゴ、表現

    これらの資格がある場合は、eBayが自動的にプロフィールや出品ページ、ストアフロントに表示します。
    万が一資格がなくなった場合、eBayはこれらの表示を自動的に取り下げますが、
    セラー自身が商品ページに表示した内容は、消去されず、嘘の表現の原因となってしまいます。

     

    4. 出品ページに「在庫切れ」となる可能性があることを記載すること。

    例:「商品は他のサイトでも販売しているので、在庫切れの可能性があります。」
    「商品は他のサイトでも販売しているため、入札を取り消す場合があります。」

     

    5. 不適切または不快な意見、他のeBayメンバーに関するコメントを記載すること

     

    6. 政治的見解、公的なサービスのアナウンス、など、商品の販売に関係しないコメントを記載すること

     

    いかがでしょうか。特に、1~4は知らないと、ついやってしまいそうな内容です。
    例えば、1.の商品のスペック比較は、
    一般の店舗やメーカーサイト、ネットショップにおいては、必ず表示されていたりします。
    これが、バイヤーの勘違いを誘発させる事がある、という理由から、
    商品説明を出来るだけシンプルにしてほしい、という事になります。

    また、2.の「新規お断り」は、ヤフオクではよく見かける文言です。
    (厳密にはヤフオクでもルール違反です。)
    Feedback(評価)の付け方においても、
    アマゾンで「良い、普通、悪い、で、普通にされると、評価がマイナスになるので、良いを付けて下さい」
    というメッセージは、アマゾンのマーケットプレイスセラーから届くメールによく記載があります。

    eBayのセラーには、ヤフオクやアマゾンでの販売経験がある方もいらっしゃると思いますが、
    eBayの場合は、いわゆる”マイルール”に大変厳しいポリシーを持っています。
    是非、今回解説した内容を踏まえた出品ページの作成に努めて下さい。

     

    今日のまとめ

    eBayの商品説明は、その名の通り、出品する商品の内容を正確に記載する場所です。
    よって、商品や取引に関係のないこと、入札や購入、評価を制限するようなマイルールの記載は
    禁止されています。特に、ヤフオクやアマゾンで(も禁止ですが)当たり前のように記載されていることを、
    そのまま記載はしないよう、注意が必要です。


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。