• eBay輸出で笑顔の旅を:)
    Pocket

    こんにちは。eBay家庭教師の鈴木です。

     

    「eBayでよく売れている同じ商品を自分も出品しているが、何故か自分のだけ全然売れない。写真は最大枚数の12枚をアップしているし、タイトルも検索されそうなキーワードを入れ込んで作成し、価格帯も相場に合わせているのに、何故?」

    eBayセラー初心者の方から寄せられる相談で多い内容です。自分のだけ何故売れない?ということですね(笑)

     

    この場合は、まず、どのような送料設定を行なっているかを確認してみることをお薦めします。

     

    eBayの場合は、送料はShipping & Handling、送料+梱包手数料という考え方です。例えば、国際郵便の実費が1,000円掛かるなら、eBayやPayPalの手数料、ダンボールなどの梱包費用を含めて、2,000円に設定しているとします。

     

    以下の商品を見て下さい。自身がバイヤーの立場で、16.99ドルのレコードに対して、25ドルの送料がかかる場合、果たして買う気になるでしょうか。送料がかなり高く感じ、買う気が失せてしまうのではないでしょうか。この商品であれば、15ドルくらいまでなら適正と考えます。

     

    とはいうものの、実際に送料は掛かるものなので、見せ方が重要になってきます。この記事では、eBayにおける適正な送料設定について共有してまいります。

     

     

    形のない送料は余り支払いたくない

    eBay出品において、ライバルセラーさんと同じ商品を扱っているのに、思ったように売れない。」
    これは、よくある質問です。

    その際に見直しておきたい項目は、「タイトル」「写真」「Free Return」「送料が高すぎないか」「Item Specificsは埋まっているか」「発送除外国が多くないか」の6つです。

    今日は、この内の送料にスポットを当てていきます。

     

    商品代金というのは、その名の通り、商品に対する対価です。しかしながら、送料というのは、心理的に「残らないもの」と思ってしまいがちです。人は、形のないものへ費用を支払う抵抗感というものが存在するのです。近い感覚のものとして、「駐車場代」というのがあります。ショッピングセンターで、「3000円以上お買上げで2時間無料」と謳われていたら、欲しいものがなくても、何が何でも3000円購入した経験はありませんか? 駐車場を払うくらいなら、モノを買ったほうが良い、という心理が働く結果の行動なのです。

    前述の通り、レコード1枚に対して、送料25ドルというのは、余程のレア盤出ない限り、買うのをためらってしまうでしょう。でも、仮に「5枚までは送料据え置き」だったら、購入意欲が沸きますよね。それは、形のない送料が少しでも抑えられるからです。

    送料は、心理的に「残らない出費」と捉えられてしまうのです。

     

     

    eBayにおける送料実費を適正に当てはめる方法

    eBayの出品において、どのようにすれば、送料実費を当てはめる事ができるかを解説していきます。

    まず、eBayでは購入/落札の際、商品本体だけでなく、送料に対しても、eBayとPayPalで合わせて約15%の落札手数料が発生します。これを実費送料に上乗せした額を設定することが基本となります。

    例えば、850円の送料が掛かるなら、eBayでは1,000円で設定すれば、ほぼ往って来いになります。よって、実費送料÷85%という計算式で、eBayで設定する送料が算出できます。

    為替については変動しますので、1ドル100円で計算をしておけば、多少の円高になっても、いちいち変更する必要もありません。円安の場合は差額が生まれますが、それは、Shipping & Handling(送料+梱包手数料)のHandling範囲内と考えて問題ないです。ダンボール、封筒代、エアクッション代などの梱包費、発送ラベルの紙代、インク代などと捉えて下さい。eBayには、日本のヤフオクのように「送料は実費でなくてはならない」というルールではありません。但し、送料を盛りすぎてしまうと、心理的に買いたくなくなってしまいますので、適正を守って下さい。

     

    実費送料と、eBayでの設定送料は、以下のように予め表にまとめておくと、いちいち計算をしなくて良いので、大変便利です。

     

     

    Free shippingが有利な理由

    送料実費から算出したeBayでの設定送料を解説してきましたが、残念ながら、これがバイヤーから適正なのか、安いのか、高いのか、という判断はできません。適正に設定出来ていると思っても、ライバルセラーと比較されてしまうものだからです。

    では、ライバルセラーとどのように送料を合わせていくかですが、個別に合わせていくのは
    非常に大変な作業です。よって、ここを払拭してしまう方法が「Free shipping(送料無料)」となります。

    eBayセラーの初心者の方は「送料セラー負担」と勘違いするのですが、商品代金に送料を上乗せする、とい事です。

    eBayは、Free shippingを推奨していますので、SEO的にも大変有利に働きます。また、バイヤーにとっては、金額が1本になるため、トータルでいくら払えばよいのかが明確になるほか、前述の通り、「形に残らない送料」という項目を消す事で、心理的に優位に働く効果があります。

     

     

    今日のまとめ

    eBayに限らず、商品代金とは別に発生する送料は、心理的に「残らないもの」と感じてしまうため、高すぎる送料の設定は購入を敬遠されてしまいます。まず、実際に掛かる送料に、eBay+PayPalの手数料を乗せた額が適正な送料設定と捉えた上で、Free shipping(送料無料)の設定などを上手く活用しながら、バイヤーが購入したいと感じる出品になるように工夫してみて下さい。


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。