• eBay輸出で笑顔の旅を:)
    Pocket

    こんにちは。eBay家庭教師の鈴木です。

     

    eBayで出品した商品が売れなかった場合、
    出品設定をGood til cancelled(キャンセルするまで出品継続)や、
    Automation Rules(自動再出品)の設定をしている出品以外は、
    Unsold(売れなかった商品)のフォルダに入ります。

     

    売れた商品はSold、またはOrdersのフォルダに入ります。

     

    これらを再出品する方法には、
    Relist(再出品)Sell similar(似たものを出品)の2種類があります。

     

    実際操作してみると、どっちも同じような感じですが、明確な違いがあります。

     

    この記事では、RelistとSell Similarの違いについて、解説をしていきます。

     

     

     

    Relist(再出品)とは?

    Relistは、その名の通り「再出品」する、という意味になります。
    Relistの方法は、次の2つです。

     

    1. My BayのSold(またはOrder)、またはUnsold内の該当商品のActions▼マークから「Relist」を選択。 

     

    2. 該当商品のページ左上の「Relist」をクリック。

     

    Relistした場合は、
    その商品をそれまでウォッチリストに入れていたバイヤーへ
    「再出品された」というメールが届くという大きなメリットがあります。
    再度ウォッチリストに入れ、購入を検討してくれるかもしれません。

     

    また、その商品が一度売れたSoldの画面には「relisted this item」と表示されます。
    Soldの画面を見て、「売れちゃったのか~」と落胆していたバイヤーにとっては朗報となり、
    再出品されたページへ簡単にアクセスし、購入を検討してくれます。

     

    一度売れた商品をRelistした場合、eBayには「売れた商品」という履歴が残っているので、
    検索上位に上げてくれる可能性が高いため、重販には有効な手段です。

     

    逆に、売れなかった商品をRelistすると、
    eBayは「売れなかった商品」として認識しますので、
    検索上では優位にはならない可能性が高いです。

     

    eBayのSEO的に「Relist」は、売れた商品に対しては有効に働き、
    売れなかった商品に対しては優位にならない
    という事です。

     

     

    さて、本来、Relistは「再出品」が目的ですが、商品情報はその都度変更できます。
    よって、商品は同じでも、新品か中古か、とか、中古で状態が異なる場合でも使用できる、という事です。
    要は、テンプレート的な活用も出来るわけです。
    しかしながら、商品情報の入替えが可能なので、極論、全部の入替えも出来てしまいます(苦笑)
    そのようなことをしてしまうと、前述の「Relist情報」から辿ってきたバイヤーにとっては迷惑な話になる、
    という事は覚えておきましょう。

     

     

    Sell Similar(似た商品を出品)とは?

    Sell Similarは、その名の通り「似ているものを売る」、という意味になります。
    Sell Similarの方法は次の2つです。

     

    1. My BayのSold(またはOrder)、またはUnsold内の該当商品のActions▼マークから「Sell Similar」を選択。

     

    2. 該当商品のページ左上の「Sell Similar」をクリック。

     

    例えば、レコードやCD、DVD、ブルーレイなどのメディア商品は、
    タイトルは違えど、重さや大きさ、スペックなどの基本的な説明は同じものがほとんどですよね。
    タイトルや写真、状態表示を変えるだけで、次の出品が簡単にできます。
    つまり、既存の出品商品ページはテンプレート的に使える、ということです。
    よって、一度、CDの出品ページを作ってしまえば、2つ目以降のCDの出品は劇的に楽になります。

     

    また、「Relist(再出品)の代わり」としても、使うことが出来ます。
    前述の通り、eBayのSEO的に「Relist」は、売れた商品に対しては有効に働き、
    売れなかった商品に対しては、優位に働きません。

     

    出品したけど、売れ無かった商品は、「Relist」ではなく、
    「Sell similar」で再出品をすることで、eBayからは、全く新規出品として扱われます。
    中身は再出品ですが、SEO的には検索順位などリセットされた状態となるので、
    再販売には有効な手段と言えます。

     

    この場合、Unsoldに同じ商品が残ったままとなるため、
    間違って2重で出品しないよう、削除しておいたほうが良いでしょう。

     

     

    今日のまとめ

    この記事では、商品を再出品する方法として、
    Relist(再出品)とSell similar(似たものを出品)の2種類の違いについて解説をしました。

     

    eBayは、売れ行きの高い商品、販売実績のある出品を検索上位に掲載する傾向があります。
    よって、eBayで商品を再出品する場合、売れた商品は「Relist」を使用し、
    売れなかった商品は「売れなかった」という記録を一度リセットするため、
    敢えて「Sell similar」を使い、新規出品と同じように扱ってもらうようにしましょう。


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。