• eBay輸出で笑顔の旅を:)
    Pocket

    こんにちは。鈴木です。

    Second Chance Offerとは

    Second Chance Offer(セカンドチャンスオファー)とは、
    eBayで商品をオークション形式で出品した際、
    オークションで競り負けた2番目以降の人に
    「商品を買いませんか?」とオファー出来る機能の事です。

     

     

    eBayにてオークション形式で出品した同じ商品を複数持っていて、
    「売っても良い」という価格で入札をしていた
    2番目以降の人に対してアプローチを行うことができます。

     

     

    例えば、
    1番目(落札者):$200、2番目:$195、3番目:$180
    と入札されていたとして、
    同じ商品を$180までなら売っても良いと考えた場合は、
    2番目、3番目の人にアプローチする事ができます。

     

     

    4番目の人が$175で入札していたとしたら、
    この人にはアプローチする必要はもちろんありません。

     

     

    また、必ずしも、2番、3番と順にアプローチする必要もありません。
    例えば、バイヤーのFeedback(評価)を見て、判断することも出来ます。

     

     

    同じ商品を複数持っている、または新たに入手が可能であれば、
    1度のオークションで複数販売することができる
    非常に便利な機能ですので、是非、活用していきましょう。

     

     

     

    Second Chance Offerの仕方

    ①商品ページであれば、
    左上の「Make a second chance offer」をクリックします。


    My eBay > Sold (またはOrder)であれば、
    該当商品のActions▼のメニューから
    「Send Second Chance Offer」をクリックします。

     

     

    ②Second chance offerをするItem numberが表示されますので、
    その下のContinueをクリックします。

     

     

    ③Second chance offerをする商品と、入札者の一覧が表示されます。
    商品数を選択し、オファーしたいバイヤーのチェックボックスにチェックを入れ、
    オファーの有効期限(1日、3日、5日、7日)を選択し、「Continue」をクリックします。

     

     

    スクリーンショットはありませんが、
    次の画面では、メッセージを追加する事ができます。
    メッセージには、挨拶文などを入力しますが、
    中古品の場合は、Condition(商品状態)などを入れておくと、なお良いです。
    入力後、「Send」ボタンを押すと、Second chance offerを送る事ができます。

     

     

    ③オファーした人へは、以下のようなメールが送られます。

     

    ③で設定した有効期限内にオファーを送ったバイヤーの、
    商品を欲しい気持ちが変わっていなければ、
    このメールから商品ページにアクセスし、商品を購入することができます。

     

     

    有効期限を経過した場合は却下されたことになります。
    この場合、もしSecond chance offerの対象者が他にいる場合は、
    そのバイヤーにへオファーを送ることも可能です。

     

    Reserve price付のオークションでも有効

    このSecond Chance Offerは、
    Reserve price (最低落札価格)のオプションを設定した
    オークションでも有効です。

     

     

    Reserve price (最低落札価格)とは、
    予め設定した価格より低い価格で
    オークションが終了してしまった場合が販売しない、
    というオプションになります。

     

     

    例えば、$200の最低落札価格をつけたオークションが、
    $195で終了した場合、オークションが成立しませんが、
    もし、「$195で売ってもいい」と思った場合は、
    前述の手順と同様に「Second chance offer」の機能を使うことができます。

     

     

    もし、最高入札者にオファーをして、バイヤーが了承すれば、
    オークションが成立します。敗者復活戦のようなイメージでしょうか。

     

     

    日本のヤフオクの場合では、最低落札価格を下回って
    終了したオークションは成立しないままとなりますので、
    再度、オークションをし直す必要がありますが、
    eBayの場合はこんな便利な機能があるんですね。

     

     

    Reserve price(最低落札価格)は、
    「安い価格をオークションをスタートするのに、最低落札価格を設定するはおかしい。
    最初からその最低価格からオークションをスタートすれば良いのでは?」と、
    バイヤー側からは嫌われる傾向にあるようにあります。

     

     

    しかしながら、インターネットオークションではなく、
    昔からあるリアルなオークションにおいて、
    特に、高額品やアンティークなどのジャンルには、
    最低落札価格があるのが一般的です。

     

     

    セラーにとっては、たまたまアクセス数や入札数が少ないことで、
    貴重な商品が安価な金額で落札されてしまうリスクを軽減する、
    という意味合いがあります。

     

     

    また、テストマーケティング、要はどれくらいまで値上がりするのか、
    というのを見る目的で使われる場合もあります。

     

     

    安価からの出品開始というのは、入札者を集める、
    という点では今も昔も王道であり、
    価値のあるモノを安易に安売りしないよう、保険をかけておく、
    という機能は、要所要所で上手く使っていきたいものです。


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。