• eBay輸出で笑顔の旅を:)
    Pocket

    こんにちは。鈴木です。

     

    eBayにおける商品の発送先は、そのほとんどは海外です。
    まず、国際郵便のあて名、ラベルの記入方法は日本郵便のページをご参照下さい。

    https://www.post.japanpost.jp/int/use/index.html

     

    しかしながら、英語など日本語以外の言語の手書きは転記ミスの原因となったり、必要なインボイスも手書きとなるため、非常に時間を要します。そこで、パソコンでラベルを作りプリンターで印刷できる、以下のツールを使用する事をお薦め致します。

     

    ①国際郵便マイページサービス
    オンラインシッピングツール

    https://www.int-mypage.post.japanpost.jp

     

    • ユーザー登録が必要です。(無料)
    • 専用のパウチ(送り状袋/無料)が必要ですので、オンライン上から請求します。
    • 各種書留付郵便の他、オンライン専用の郵便サービス「eパケット」「eパケットライト」が利用できます。
    • eBayのバイヤー様情報をコピー&ペーストで住所・名前・電話番号を入力し、内容物、金額、重量、発送方法を入力すると、自動的に送料を計算してくれます。
    • 受け付けない発送方法は入力の段階ではじいてくれます。
    • 必要なインボイス等を自動的にプリントしてくれます。

     

    更なる詳細は、日本郵便のホームページをご参照下さい。

    https://www.post.japanpost.jp/intmypage/whatsmypage.html

     

     

    ②eBayシッピングツール(Shipping Tool)

    https://labelprint.ebay.co.jp

     

    • 日本郵便とeBayの提携によるシッピングツールです。
    • 「国際郵便マイページ」の機能と大きく異なる点は、eBay内のバイヤー情報を直接ツールに吸い上げるため、住所、名前、電話番号のコピー&ペーストの作業が不要となります。

     

    更に詳しい事は、eBayジャパンのホームページをご参照下さい。
    https://www.ebay.co.jp/selling-support/tools/base-ebay-shipping-tool/

     

     

    ワンポイントアドバイス

    シッピングツール

    • ツールは、書留付専用となります。書留なしの場合は利用できません。
    • 「国際郵便マイページ」はウェブ画面から直接プリントアウトしますが、eBayシッピングツールの場合は、一旦PDFをPCにダウンロードする必要があります。
    • 「国際郵便マイページ」は、トラッキング情報の簡単な進捗状況が一覧で見る事が出来ますが、eBayシッピングツールにこの機能はありません。
    • 「eBayシッピングツール」でも、パウチは必要になりますので、「国際郵便マイページ」への登録は必須です。

     

    送り状への記載内容

    • バイヤー様の発送先等の情報(国際郵便マイページを利用する場合)

    該当商品画面の「Print postage」「View order details」にて、
    または、My eBayのSold(またはOrder)内、
    該当取引のAction▼マークドロップダウンメニューの
    「Print shipping label」「View sales record」にて確認できます。

     

    • 内容品種別

    「商品」としてください。

     

    • 内容品

    以下の日本郵便ホームページをご参照下さい。
    http://www.post.japanpost.jp/int/use/publication/food.html
    該当品の掲載がなければ、ウエブ上の和英辞書で調べるか、郵便局へ問い合わせてみて下さい。

     

    • 重量

    パッケージを含めた総重量を計り、入力して下さい。
    なお、パウチ、送り状、インボイスの重量は含みませんので、
    重量ギリギリの場合は、荷物に貼らず、そのまま郵便局へ持ち込んでください。

     

    • 金額

    税関申告額となりますので、販売した商品の金額を入力します。

     

     

    よくある質問

    (Q)
    「バイヤー様から、送り状の金額を安く書いてほしい、と言われました」

     

    (A)
    送り状に記載した内容品の種別、内容品、金額は、税関申告をするためのものです。
    関税等の税金を支払うのはバイヤー側の責任となります。関税を避けるため、金額を偽ったり、
    ギフトと申告する事、または、バイヤーがセラーにそれを要求する事はNGですが、
    実態ベースとしては、柔軟に対応しているセラーが少なくないようです。
    自己責任となりますが、郵便補償の範囲の額なら、とか、
    原価がカバーできれば、など、色々な考え方があるようです。

    気を付けたいのは、勝手に気をつかって、申告額を安く書いたり、
    種別を「商品」ではなく「ギフト」にしてしまったりする事です。
    良かれと思った事が、バイヤーからお叱りを受けた、との話も聞きます。

    また、申告額=補償の上限である事も気を付けたいところです。
    仮に、20,000円の商品をEMSで送ったとして、申告額を1,000円とした場合は、
    万が一の破損や紛失の際、当然1,000円までしか補償されません。

    よって、この辺りの判断をされる場合は、あくまで自己責任でお願い致します。

     

    今日のまとめ

    eBayの取引における商品の海外発送は、国際郵便を利用します。その際は、国際郵便マイページ、またはeBayのシッピングツールを使用します。オンラインのサービスであるため、トラブルやメンテナンス等に備え、どちらも使用できるようにしておきましょう。


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。