• eBay輸出で笑顔の旅を:)
    Pocket

    こんにちは。eBay家庭教師の鈴木です。

     

    eBayをスタートして、多くの人が最初に戸惑うのが、日本とアメリカで標準的に使われている単位やサイズが異なる点です。例えば、eBayで商品を購入する際、センチとインチを間違えて、自分が思っていたサイズの2倍以上差がある商品が到着してしまった、なんていう失敗事例もあったりします。また、洋服では同じMサイズでも、アメリカンサイズといって、日本のサイズと異なるケースも多々あったりします。

    eBay輸出では、日本から海外へ商品を販売します。よって、日本でよく使われている単位は、アメリカでよく使われている単位に変更してあげる必要があります。

    今回の記事では、eBayをはじめとしたアメリカのショッピングサイトで使われている長さや重さの単位の事を解説してまいります。

     

     

    アメリカの長さや重さの単位

    以下は、アメリカのショッピングサイトにおける商品説明で使われている長さや重さの単位表記です。

     

    「長さ」

    • インチ(inch)
    • フィートまたはフット (複数形: feet, 単数形: foot)(記号:ft )、

     

    「重さ」

    • オンス(ounce)(記号 :oz)
    • ポンド(pound)(記号:lb)

     

     

    アメリカと日本の単位の換算

    インチ:   1 inch                        =約 2.54 cm

    フィート:  1 feet  (記号:ft ) = 約30.48 cm

    ポンド:   1 pound (記号:lb) = 約453.59237 g

    オンス:   1 ounce(記号:oz) = 約28.3495231 g

     

     

    長さの単位の省略記号

    前述の通り、長さの単位記号であるフィートは ft で表しますが、′(プライム)で表されている場合があります。よって、30′ は 30 フィートを意味します。プライム記号の代わりに’(アポストロフィ)が用いられることもあります。

    ″(ダブルプライム)がインチを表すので、5′1″ は 5フィート 1インチの意味という意味になります。

    また、省略記号すら記載されていない場合もあります。例えば、箱や商品のサイズなどで (5.5H x 2D x 4.5W)のように記載されている場合、Hは高さ、Dは奥行、Wは幅を意味しています。この場合は、高さ5.5インチ×奥行2インチ×幅4.5インチということになります。

     

     

    日本をはじめとした多くの国では、国際単位系(International System of Units / 略称:SI)が使われていますが、アメリカはヤードポンド法が使われています。実は、ヤードポンド法が使われているのは、アメリカを含むごく一部の国なのです。しかしながら、eBay輸出でのメインの発送先はアメリカになりますので、ヤードポンド法に合わせた表現に努めることが重要になります。

    「商品説明に単位を含めてきちんと表記してればよい、きちんと表記しているのに、勘違いするのはバイヤー側の責任だ」としてしまうことは簡単ですが、バイヤー側の立場に立ち、バイヤーが勘違いしないような表現方法も重要となります。バイヤー側の責任といえども、eBayでは、「Free return(返送料無料)」が当たり前ですので、結果的に、セラー側が不利になるという事も想定しておきましょう。

     

     

    eBayの商品説明などでのサイズ表記

    eBayはアメリカのみならず、多くの国の方が参加しています。よって、商品説明等でのサイズ表記は、大半のユーザーを網羅できるよう記載します。要は、国際単位系とヤードポンド法両方、長さであればインチとセンチを併記する方が間違いはないです。単位も省略しません。

     

    Length(長さ)    33.8 cm (13.3 inch)
    Width(幅)         2.6 cm  (1.02 inch)
    Thickness (厚さ) 0.5 cm  (0.19 inch)

     

    また、タイトルに長さを入れたい場合は、80文字という制限がありますので、一番伝えておきたい長さを表記すると良いです。例えば、ポーチであれば、1番長い箇所の長さが理解できれば、後は写真で全体像を把握することができる、という事です。

    この方法であれば、どこの国の方も、サイズ等を正しく把握することが出来ます。しかしながら、様々な数値を様々な単位に電卓を使って換算していくことは非常に大変な作業でもあります。次の章では、簡単に単位を変換する方法を解説します。

     

    日本の単位をアメリカの単位に簡単に変換する方法

    単位の変換は、YahooやGoogleの検索を使うことで、簡単に出来ます。

     

    例えば、15cmをインチに変換する場合、Yahooの検索窓に「15cm インチ」と入力します。

     

    検索をすると、次のように、「15cm = 5.90551181インチ」と検索結果が表示されます。

     

    Googleの場合は、ブラウザでGoogle Chromeを使っている場合は、上のアドレスバーに「15cm インチ」と入力し、Enterキーをクリックします。

     

    すると、同じように単位が変換された検索結果が表示されます。

     

    eBayの商品説明に、長さを頻繁に表記する必要がある商材を扱っている場合は、Excelなどで換算表を予め作っておく、というのも有効な方法です。

     

     

    洋服や靴を扱う場合の注意

    アメリカ市場向けに作られた洋服や靴などのサイズは、アメリカ人の体形を基準にして、袖丈、着丈を長めに、ゆったりと作られています。単純なS、M、Lといった表記でも、日本とアメリカは異なりますので、サイズ表記には十分気をつけます。

     

    (例)メンズの適応サイズ表

     

     

    今日のまとめ

    日本とアメリカで使われている長さや重さの単位は異なります。また、eBayはアメリカのみならず、全世界のユーザーが参加していますので、その単位はバイヤーが勘違いしないような表記に努める必要があります。単位の変換は、YahooやGoogleの検索機能を使うと便利です。


    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。