• eBay輸出で笑顔の旅を:)
    Pocket

     こんにちは。eBay家庭教師の鈴木です。

     今日は質問を頂いております。
    「先日2022年5月に、eBayをスタートした初心者です。ペイオニアの存在を知らずに、PayPalのアカウントを作成しましたが、今後、必要なことはあるのでしょうか?必要なければ、解約しようかと考えています。」

     結論からですが、PayPaは「ビジネスアカウント」を持っておいたほうが良いです。解約しないでください(苦笑)

     PayPalは、eBayにおける売上管理手段として、2003年から約18年間使われてきました。しかしながら、2021年にeBay自身が売上管理を行うManaged Paymentsへと移行されました。では、PayPalが不要かというと、そうではありません。この記事では、その理由について解説をします。

    PayPalとは

     PayPal(ペイパル)は、インターネットにおける「支払い」と「受取り」を安全に行うことができる決済サービスです。アメリカを中心に、世界中に広く普及しています。世界3億6,000万以上、200の国と地域で利用されており、100以上の通貨に対応しています。(2022年6月現在)

     ECサイトなどでの金銭授受をPayPalが仲介するため、取引先にクレジットカード番号や口座番号を知らせる必要がなく、安全なサービスとされています。PayPalが進出している国の成人(日本では18歳以上)の方が利用いただけます。

    PayPalアカウントが引き続き必要な理由

     まず、PayPalは、eBayでの購入においては、引き続き決済手段として、利用することができます。Managed Paymentsの導入によって、PayPal以外に、クレジットカードやGoogle Payなどが利用できるようになりましたが、個人的には、PayPal決済が簡単で便利に行えると感じています。

     次に、もし、eBayのバイヤーへの追加請求や送金が必要な場合は、PayPalを使う必要があります。

    具体的には、
    ・発送した商品が何らかの理由で日本に返送されてしまった場合の、バイヤーへの再送費用の請求
    ・商品が返品になった場合の、バイヤーへの返送費用の送金
    といった場面です。

     更に、FedExやDHLなどの配送会社の決済は、PayPalが使われていますので、各種支払にも必要となります。

    問題を解決するためのPayPalのやりとりは違反ではない  

     PayPalでの請求や送金については、バイヤーのPayPalアドレス(PayPalに登録しているメールアドレス)を教えてもらう必要があります。

     「取引前」に、eBayのメッセージ上でPayPalアドレスを聞いたりすることは、「eBayを介さない直接取引への誘導」とみなされ、ポリシー違反となります。しかしながら、既に取引が進んでおり、その問題解決のために直接請求が必要な場合は、認められています。 

     eBayの売上管理でのPayPalの役目は終了していますが、請求や支払いなど、何かとPayPalが必要な場面は多いです。お持ちでない方は、PayPalのビジネスアカウントを作成されておくことをおすすめします。

    https://www.paypal.com/jp/webapps/mpp/personal

     今日もお読み頂き有難うございます。






    記事がお役に立てましたら、応援のクリックをお願い致します!!

    にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
    にほんブログ村

    輸入・輸出ビジネスランキング

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。