• eBay輸出で笑顔の旅を:)
    Pocket

    「これから、eBayの出品にチャレンジしたい!!」

    そう思われている方は、
    きっと、日本のアニメグッズやフィギュアなど、
    eBayで人気のあるジャンルを
    ある程度、把握されていて、
    「すぐにでも商品を仕入れてみたい!」と
    思われているかもしれませんね。

    前向きな気持は非常に良く分かりますが、
    ちょっと深呼吸しましょう!!

    まずは、eBay上でどんなものが売れているか、
    本格的な仕入れを起こす前に、
    事前に探ってみようではありませんか。

    そこで、役に立つのは、ご自身の不用品の出品です。

    ・洋服、くつ、バッグ、アクセサリー、腕時計
    ・CD、DVD、ビデオテープ、レーザーディスク、レコード、カセットテープ、ゲーム
    ・本、雑誌(日本語のもので大丈夫です!)
    ・台所用品
    ・はぎれ
    ・空き缶、空き瓶
    ・季節物(お正月用品、鯉のぼり、雛人形など)
    ・おまけ(コンビニ、ファーストフード、菓子など)
    ・景品(UFOキャッチャーのぬいぐるみなど)
    ・未使用の戴き物(タオルや食器類)

    こういったものは、必ずどの家にもあると思います。
    「どうせ、誰も欲しがらない」と思ってしまうのはもったいないです。
    日本ではBOOK OFFに持っていっても、値段がつかないかもしれませんが、
    ひょっとして、その不用品は、海外の人にとっては、お宝かもしれません。

    今日は、eBayの出品を不用品からスタートする4つの理由をお伝えします。

    ①仕入れがゼロ円

    元々処分してもよい、と思っていたものですから、
    eBayに出品して、ものすごく安い金額で落札されても、
    全くストレスにはなりません。
    ちょっとくらいプラスになったらラッキーくらいの気持ちで、
    eBayの出品に臨むことが出来ます。

    ②一通りの出品手順の練習になる

    eBayの出品は、商品の撮影、商品説明、商品価格や送料の設定などの手順があり、
    eBayで商品が落札されたら、梱包や発送などの作業があります。
    これは10回程度こなせれば、十分慣れてしまうものです。

    しかしながら、仕入れの元手がかかっていると、
    「売らなきゃ」というストレスがかかり、
    なかなか出品作業そのものに集中出来ないものです。
    不用品であれば、元手がゼロ円ですので、
    楽な気持ちで出品作業に慣れる、という目的のみに臨むことができます。

    ③取扱うジャンルの開拓になる

    「eBayでこんなジャンルのものを売っていきたい」
    実際にeBayでの出品の前に、多くの人が
    このようなことを考えているのではないでしょうか。

    実は、不用品を出品することで、「こんなものが売れるのか!」と
    「自分が売りたいジャンル」ではなく
    「eBayで売れるジャンル」を広く知ることが出来ます。

    逆に「何を扱ったら分からない」と思われている方にとっては、
    売れた不用品が、その後のeBayでの取扱いジャンルに対する
    大きなヒントに繋がります。

    最初は、全くイメージしていなかったジャンルでも、
    実際に売れると、興味が沸きますし、
    「もっと調べてみよう!という気持ちになります。

    ④仕入れ資金になる

    日本ではありふれたものでも、海外の人にとっては大変貴重で、、
    血眼になって探しているものもあるかもしれません。

    特に、古いものは、なかなか海外では流通していないので、
    びっくりするくらいの価格で落札されるかもしれません。

    自分の不用品は、他の人にとってはお宝かもしれないのです。

    一般的に、家の中には、
    10万から20万くらいの不用品があると言われています。
    そこで得た利益は、後の仕入れ資金になります。
    売れなかったら、処分すればいいだけの話です。
    チャレンジはゼロ円で出来ます。

    まとめ

    eBayへの不用品の出品から得られる成果は、
    売上や利益のみならず、eBayの経験値となります。
    是非、あなたの家の中の不用品を
    どんどんeBayに出品していきましょう!






    記事がお役に立てましたら、応援のクリックをお願い致します!!

    にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
    にほんブログ村

    輸入・輸出ビジネスランキング

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。