• eBay輸出で笑顔の旅を:)
    Pocket

    こんにちは。eBay家庭教師の鈴木です。

    今日は質問を頂いております。
    「はじめまして。eBayをはじめて約半年程度のものです。最近、バイヤーさんから、いろんな商品リクエストを頂けるようになり、とてもうれしく思います。ただ、中に困ったバイヤーさんがいます。時差もなにも関係なくいろいろ聞いてきて、返事が遅いと急かされます。その割には、買ってくれません。。。購入しますか?と聞くと、今はお金がないから来月、というのを数回繰り返されています。どのようにうまく付き合ったらよいでしょうか?」

    リピーターさんがつくのは嬉しいことですよね。まさにeBayの醍醐味だと思います。しかしながら、時差も関係なく、返事を急かすのはよろしくない事ですよね。

    この記事では、ちょっと困ったバイヤーさんへの対処方法について、解説をします。

    質問ばかりのバイヤーさんへの対処方法

    自分も同じような状況を経験したことがあります。その場合は、以下の3つを行なっています。

    ①質問に即答しない
    ②時差があることをはっきり伝える
    ③それでも止まなければ、ブロックする


    ①質問に即答しない
    バイヤーさんからの質問には、迅速に回答することが基本です。その疑問が解消すれば、バイヤーさんは購入してくれる可能性が高いからです。しかしながら、質問の受け答えをしていて、購入する気配がなく、「あれ?このバイヤーさん、ちょっとおかしいな」と感じたら、質問に即答せず、少し時間を置いてから回答するようにしてみて下さい。単なる「かまってちゃん」の可能性が高いです。チャットのように頑張って回答すると、ドンドン執着されるので、程よい距離感で接することが大切です。

    ②時差があることをはっきり伝える
    「せっかく商品に興味をもってもらっているから」と、夜中でも変に頑張ってしまうと、睡眠不足になってしまい、翌日のパフォーマンスに影響が出てしまいます。
    このような事があった場合は、”It’s midnight in Japan now.I will answer tomorrow.” (今、日本は夜中です。明日回答しますね)と、はっきり伝える事です。


    ③それでも止まなければ、ブロックする
    筆者は、20代の頃、バッグ専門店に勤めておりました。まれにですが、1時間以上接客をしているのに、購入が全然決まらない方がいらっしゃいます。このような場合、「一周してきたらいかがですか?」と、お声がけをします。要は、考えすぎて煮詰まってモヤモヤした状態で購入して頂いても、逆に後悔させてしまう可能性が高いからです。本当に購入に迷っている方は「そうね、ちょっと考えますね」と一旦店を出られます。しかしながら、このような声掛けしても、帰らない人がいます。そう、「スタッフとの会話が目的」なのです(苦笑)お店商売をやっている以上、このようなお客さまに対しては、どこかで線引きをせざるを得ません。

    リアルのお店ですと、非常にデリケートで難しい問題なのですが、eBayでは結構簡単です。「ブロック」すれば良いのです。

    自身もこのような経験がありました。自称「リピーター」さんから「あれが欲しい」「これが欲しい」と、10品以上の見積り依頼を受けました。1件1件、相場に合わせた売価計算をして、見積もりを提示したところ、「君から購入したいが、君の見積もりは高い。半額で出品しているセラーもいる。最低でも半額以下にして欲しい。」

    いやいや、ちゃんと調べた上での見積もりです。。。じゃあ、最初からそのセラーから購入すればいいじゃん、ですよね(苦笑)

    メールの履歴から、IDを調べると、すっかり忘れていましたが、過去にも同じような事をされていました(苦笑)この時も、このバイヤーさんのリクエストに応じて、10件以上見積もって、出品しました。
    昼夜問わず、質問がモリモリ(苦笑)夜遅い時は「夜中です」と言っても、「夜中ってなんだ?質問に回答してくれ!!」と全く聞く耳持たずでした(苦笑)

    ちなみに、自分から一度も購入してくれたことは、ありませんでした(苦笑)「質問リピーターさん」でした(爆)

    そして、大変申し訳ないですが、静かに、ブロックしました(笑) 

    eBayは商売です。労力に見合わない事ばかりさせるバイヤーさんとは、少し距離をおいたり、お願いを守ってくれないようなら、ブロックで良いと思いますよ。

    今日もお読み頂き有難うございます。






    記事がお役に立てましたら、応援のクリックをお願い致します!!

    にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
    にほんブログ村

    輸入・輸出ビジネスランキング

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。