• eBay輸出で笑顔の旅を:)
    Pocket

    こんにちは。
    eBay家庭教師の鈴木です。
     
     
    以前、筆者のeBayビジネス仲間であるAさんに
    ちょっとした事件が発生しましたので、
    シェアさせて頂きます。
      
      
    発送先が日本の取引において、
    PayPalの未承認取引のケースをオープンされてしまったのです。
     
     
    未承認取引というのは、簡単にいうと、 
    「勝手にカードを使われた」という事です。
     
     
    通常、この未承認取引の解決の第一歩として、
    商品を発送した証である「トラッキングナンバー」をPayPalに提出します。


    ほとんどの場合、セラーはバイヤーに返金することなく、PayPalに保護されます。
    ※但し、2020年10月のPayPalポリシー改定により、
    未承認取引の解決が行わた場合、異議解決手数料が別途請求されます。
    https://www.paypal.com/jp/smarthelp/article/what-is-the-PayPal-Dispute-Fee-and-why-was-I-charged-one-faq4352


    レターパックの控えは発送の証拠にならない!?

    前述の通り、Aさんは、PayPalの補償を受けるため、
    レターパックのトラッキングナンバーを提出したところ、
     
     
    PayPalから
    「トラッキングナンバーだけでは証拠にならない」
    と言われてしまったのです。。。
     
     
    確かに、レターパックの控えは、
    トラッキングナンバーのみで、発送元、発送先の情報の記載はありません。
    「誰が、誰に発送したのか」の証明にはならないのです。

    ※日本郵便ホームページより


    要は、ゆうパック、書留のような
    「発送元、発送先の情報が入った控え」を求められた、という事です。

    「発送元、発送先の情報が控えに残る発送方法」は、
    他に、簡易書留、特定記録、クリックポストなどもありますね。

    その後、Aさんは、
    郵便局やPayPalに交渉し、今回は何とか事なきを得ましたが、
    あくまでイレギュラー対応です。
     

    まとめ

    eBayにおいて、日本国内宛の発送があった場合は、
    必ず、書留、簡易書留、特定記録、ゆうパック、クリックポストなど、
    発送元、発送先の情報が控えに残る発送手段」にしましょう。 
     
             

    今日もお読み頂き有難うございます。






    記事がお役に立てましたら、応援のクリックをお願い致します!!

    にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
    にほんブログ村

    輸入・輸出ビジネスランキング

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。