• eBay輸出で笑顔の旅を:)
    Pocket

    こんにちは。eBay家庭教師の鈴木です。

     

    今日は質問を頂いております。
    「先日、eBayで商品を購入してくれたバイヤーさんから、”あなたに送料をちゃんと支払ったのに、商品を受け取った時に、追加の送料を取られたんだけど!”とお叱りを頂いてしまいました。発送時には、郵便局の窓口できちんと重量を量ってもらい、送料を支払っていますが、追加で送料がかかるような事はあるのでしょうか。」

    結論から申し上げますと、そのバイヤーさんが支払ったのは、追加の送料ではなく、関税です。

     

    関税は、通常、郵便局などの配送業者が、税関に代わり、荷物を届ける際に、受取人から徴収を行います。これを「追加の送料」と勘違いされる事があります。

     

    この記事では、関税と、「追加の送料」と勘違いされた場合の対処方法について、解説をします。

     

    関税(Import duty)とは

    関税は、輸入品に対して課せられる税金の事です。関税の支払い義務はバイヤー側にあります。関税の仕組みは国によって異なりますので、これらを事前にセラー側で把握することは困難であり、また、そのコントロールできる性格のものではありません。
    たまに、見込みのバイヤーさんかた「あなたから商品を購入する前に、関税がどれくらいかかるのか知りたい」と質問を受ける場合があります。これは、バイヤーさん自身で、バイヤーさんの国の税関で調べてもらう必要があります。

     

    eBayの出品での関税に関する説明の書き方

    eBayに参加するメンバー全てが、関税の事を理解しているわけではありません。よって、eBayにおける出品の際、商品説明においては「関税」について明記をします。以下は、eBayにて提供されているテンプレートです。

     

    (文面)
    International Buyers -Please Note:
    Import duties, taxes and charges are not included in the item price or shipping charges. These charges are the buyer’s responsibility.
    Please check with your country’s customs office to determine what these additional costs will be prior to bidding/buying.
    These charges are normally collected by the delivering freight (shipping) company or when you pick the item up
    do not confuse them for additional shipping charges.
    We do not mark merchandise values below value or mark items as “gifts”
    US and International government regulations prohibit such behavior.

    (訳)
    国際バイヤーの皆様へ ― ご注意ください
    輸入関税、税金、諸費用は商品の価格や配送料に含まれていません。これらの費用はバイヤーの責任です。
    これらの追加料金が、いくら発生するのか、入札や購入前に、あなたの国の税関事務所に確認してください。
    これらの料金は、通常、商品の配達時、または引取時に、配送業者に徴収されます。
    追加送料と混同しないでください。
    私たちは、商品価格以下での申告、または「ギフト」としての申告はしません。アメリカ及び国際政府の規制は、そのような行為を禁止しています。

     

    (条件)
    ・フォントサイズは他の商品説明のフォントと同じであること
    ・掲載位置は、商品説明欄の上半分以上であること

    この掲載条件は、関税に関する条文が、バイヤーさんから、はっきりと認識できるように、という意味合いです。バイヤーさんが関税の事や、その徴収方法を知らなければ、「追加の送料」と勘違いしてしまう、という事です。国によっては、事前に振込をしたり、関税が発生している事で、税関まで荷物をピックアップしに行かなければならない場合もあるようです。

     

     

    関税がかかった、高かったと言われた場合の対処法

    関税に関する条文を商品説明内に記載をしている場合でも、バイヤーさんが読んでいない、理解していない場合があります。よって、今回のように「商品を受け取ったが、高い関税を支払わなければならなかった。こんな話は聞いていない。追加で支払った関税分を返金してほしい。(追加送料と勘違いされている場合もあり)」というようなクレームを頂く場合があります。特に、税率が高いと言われているヨーロッパ圏のバイヤーに多いようです。

     

    このような場合は、以下の例文を参考に、丁重にお断りのメッセージを入れて下さい。

    We are sorry to hear that you had to pay additional fee for custom.
    Not additional shipping cost, It’s import tax.
    However, the fee is import tax from your country custom.
    Import tax or any other duties are the buyer’s responsibility by the below eBay policy.
    Our declared value was $xx, same as price of eBay.
    Thank you for your understanding.
    httpss://www.ebay.com/help/selling/posting-items/setting-postage-options/international-postage?id=4182

    (訳)
    追加で、税関に支払いが発生しました事を残念に思います。これは、追加の送料ではありません。関税です。しかしながら、以下のeBayポリシーの通り、関税等の税金は、バイヤー負担です。申告額はeBayで落札頂いた通りの額です。御理解の程、お願い致します。

     

    今日のまとめ

    関税は、輸入品に対して課せられる税金のことで、通常、配送業者が受取人より徴収を行います。よって、バイヤーさんは追加送料と勘違いする場合があります。それを未然に防ぐため、「それは、追加の送料ではなく、関税であり、その支払い義務はバイヤーさん側にある事」を、eBayの指定する条件にて、商品説明内に必ず記載をするようにしましょう。「関税分を返金してほしい」と要望を受けた場合は、関税の支払いはバイヤー責任であることを説明し、丁重にお断りします。それでも、揉めてしまった場合は、eBayのカスタマーサービスへ相談をしてみましょう。






    記事がお役に立てましたら、応援のクリックをお願い致します!!

    にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
    にほんブログ村

    輸入・輸出ビジネスランキング

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。