• eBay輸出で笑顔の旅を:)
    Pocket

    こんにちは。
    eBay家庭教師の鈴木です。
     
     
    今日は、質問を頂いています。
    「はじめまして。
     ”はじめてのeBay輸出スタートガイド“を読ませて頂き、
     こちらにたどりつきました。質問させてください。
     いくつか出品した中で、
     ウォッチリストが10も入っている商品が、
     全然売れないんです。何が原因でしょうか?」


    拙著をご活用頂き、有難うございます!!
    確かに、ウォッチが10も入っているのに、
    動きが全くないと心配ですよね。


    まず、先に答えを言います。
    もし、その出品が即決出品であれば、
    「ウォッチリスト10」=「購入を躊躇している人が10人いる」
    という事です(笑)
     
     
    今日は、ウォッチリストの意味や躊躇の理由などについて、
    解説をしてまいります。

    オークションでのウォッチリスト数は意味がある

    あなたがバイヤー(買い手)の立場で、
    eBayやヤフオクで、ウォッチリストに入れる時は、どんな時か、
    を考えてみましょう。
     
     
    オークションの場合は、
    商品を見つけたら、すぐに入札せず、
    まず、ウォッチに入れる方は多いと思います。
      
      
    何故なら、できるだけ安く落札するために、
    オークション終了ギリギリに入札をするためですね。


    あまり早くに入札をしてしまうと、
    その後、引きづられるように、
    他の入札が入り、競争が起こる可能性があります。
    このような入札合戦はできるだけ避けたいですよね(苦笑)
      
      
    よって、セラー(売り手)の立場からすると、
    オークションでのウォッチ数は
    多ければ多いほど、競り合ってくれるので、大いに意味があります。
     
      

    即決でのウォッチリスト数は「躊躇数」である

    では、即決の場合はどうでしょうか。
    商品が良くて、価格も納得なら、
    ウォッチなんかに入れずに、すぐに買いますよね(笑)
     
     
    よって、即決の場合の
    ウォッチリストの意味は、「様子見」「保留」です。
       
      
    では、「躊躇の理由は何か?」です。
     
     
    価格なのか、写真なのか、状態なのか。。。などなど
    そこは出品ページを確認してみてください。
    他の売れているセラーとの違いも比較してみて下さい。


    また、タイトルの検索キーワードを見直す、
    Item Specificsをしっかり埋める、など、
    ちょっと手を入れることで売れてくれたりします。


    発送除外国の設定も確認しておくと良いです。
    例えば、あなたが南米・アフリカを発送除外していたとします。
    同じ商品を沢山売っているセラーは、
    ひょっとして、アルゼンチンのバイヤーさんに
    沢山販売している可能性もありますよね。
    ご自身の商品がなかなか売れないのは、
    外からはリサーチしにくい理由かもしれませんね。
     
     
    多いのは、基本情報が間違っていること(笑)
    例えば、Shipping policyと商品説明で送料が異なる、などの
    致命的な間違いがあるような出品では、絶対買ってくれません(苦笑)
      
      
    そもそも、ウォッチリスト数の純粋な意味は、
    その商品に興味を持ってもらった人数です。
     
     
    中には、「来週の給料日に買おう!!」と
    思っている人もいるとは思います。
     
     
    しかしながら、多くは、躊躇している人の数でもあることを
    是非、覚えておいてくださいね。
     
     
    自分なんかは、eBayでウォッチ入れたまま、
    そのまま忘れて、放置、なんてことも
    よくあります(笑)


    eBayには、ウォッチを入れているバイヤーさんに対して、
    割引価格を提案できる「Send Offer」という機能があります。


    筆者がバイヤーの立場で、このOfferを受け取ることが良くありますが。。。
    正直、スルーです(苦笑)
    既に、仕入れる必要がなくなった、他で購入している、
    といったところです。残念ですが。。。
     
     
    もう、冷めてしまっているので、
    価格の問題でもないという理由もある、という事も覚えておくと良いです。
     
     
    今日もお読み頂き有難うございます!!






    記事がお役に立てましたら、応援のクリックをお願い致します!!

    にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
    にほんブログ村

    輸入・輸出ビジネスランキング

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。