• eBay輸出で笑顔の旅を:)
    Pocket

     こんにちは。eBay家庭教師の鈴木です

     鈴木の2年ぶり2冊目となる著書、『終活も断捨離もメルカリ、ヤフオクで! スマホで簡単! 超ビギナーからシニアまで』が、2022年2月14日、バレンタインデーに発売となりました。

     「え?eBayじゃないの?」という声が聞こえてきそうですが(笑)ネット物販の基本は、やはり、メルカリ、ヤフオクと捉えております。まずは、「日本2大プラットホームでのスタートアップについて、お役に立ちたい!!」という想いから、執筆させて頂きました。

     この記事では、この本の特徴について、紹介させて頂きます。
     

     

    『終活も断捨離もメルカリ、ヤフオクで!』の3つの特徴

    1.終活・断捨離に特化 

     まず、この本は、いわゆる「副業」「稼ぐ」が目的ではないです。タイトルの通り、「終活・断捨離をスタートする事」に特化した内容です。基本操作から取引にあたっての心構えについてをシェアさせて頂いております。ちなみに、アマゾンでのカテゴリーは「生活の知恵」になります(笑)昨今の出版のトレンドは「ビジネス」から「ライフ」に変化しているとの事。コロナ禍により、暮らし方・働き方が大きく変わっていった事が理由です。うまくトレンドにハマってくれると嬉しいです。 
     

    2.メルカリ・ヤフオクの両方に対応 

     この本は、メルカリ、ヤフオクの両方に対応しています。現在、メルカリの本は沢山出ていますが、
    ヤフオクの本は、この3~4年出版されていません。。。それだけ、「メルカリが一般的」で、「ヤフオクがマニアック」、ということなのです。

     しかしながら、「是非、メルカリだけの方には、もっとヤフオクも併用してほしい」と考えています。ヤフオクならではの「オークション」、入札でドンドン価格が上がっていく快感を体験してほしい!!
    という想いを詰め込んでみました。

     余談ですが、最近「オークション」の仕組みを知らない人が増えてます!! これは驚きです(苦笑)
     

    3.スマホに特化

     自身は、メルカリもヤフオクも、どちらもPCでの操作がほとんどですが、今回の執筆にあたり、スマホで実際に取引をいくつかしてみました。メルカリはもちろんなのですが、ヤフオクがこれだけ簡単になっているのは、本当に驚きました。

    個人間取引は、より簡単に、より便利に、より安全に

     本書でも触れていますが、元々「ヤフオクは面倒」というイメージが付きまとっていました。確かに、以前は、「個人情報の開示」「煩わしい銀行振込」「クレジットカード手数料は落札者負担」「出品手数料がかかる」「トラブルは基本当事者責任でヤフオクは介入しない」「ノークレームノーリターンの文化」など、「これからはじめてみたい気持ち」がドンドン削がれるような環境でした(苦笑)これは非常にもったいないことです。

     
     メルカリもヤフオク両方とも、この数年で、より簡単に、より便利に、より安全になっています。
    個人間取引が一部の人の利用にとどまらず、もっともっと多くの人が楽しめる環境が整いつつあります。

     現在、メルカリ、ヤフオクとも、利用者は約2000万人と言われています。この本をきっかけに、新規利用者が爆増し、各々倍の4000万人づつになってくれると嬉しいです(笑)

     さまざまな裏話は、セミナー会場や懇親会などで機会がありましたら、お話していきますね。

    最後に

     前作の「はじめてのeBay輸出スタートガイド」、そして、この本の出版は、「ウェブ心理塾」にて毎年行われている「出版企画書コンペ」から実現したものです。沢山の方々の応援やご協力の賜物です。本当に有難うございます。

     特に、ウェブ心理塾の主宰であり、日々、様々な学びの機会を与えて頂いている、精神科医・ベストセラー作家の樺沢紫苑先生、企画を形にして頂いたWAVE出版の藤岡さん、ヤマモトカウンシルの山本さん、中嶋さん、お引き合わせ頂いた尾藤克之さん、文章の基本や書く楽しみを教えて頂いている山口拓朗さん、「ウェブ心理塾」の学び仲間の皆様、物販コミュニティYBCの仲間、そして、家族に感謝します。


          
    今日もお読み頂き有難うございます!!






    記事がお役に立てましたら、応援のクリックをお願い致します!!

    にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
    にほんブログ村

    輸入・輸出ビジネスランキング

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。