• eBay輸出で笑顔の旅を:)
    Pocket

    こんにちは。eBay家庭教師の鈴木です。
     

     
    eBayのバイヤーさんから「申告金額を安く書いてほしい」という要望。これは、単純に、「関税を支払いたくない」という理由のみならず、別の理由もあることをご存知でしょうか。
     

    「わざわざ税関まで出向く交通費がかかる」
    「税関まで取りに行っている時間がない」という理由です。

     
    関税は、運送会社が税関に代わって、受取人から徴収するのが通常ですが、国によっては、関税が発生している場合、税関まで荷物を引き取りに行かないと行けないケースがあるようです。

     
    例えば、ドイツでは、とても税関が厳しいようで、例え、関税が発生しないものでも、たまたま、荷物が税関の職員の目に止まってしまった場合、税関まで行って、その場で中身を開封しなくてはならない場合もあるそうです。

     
    筆者の場合、バイヤーさんから「税関から手紙が届き、身分証明書を持参の上、税関まで荷物を引き取りに行かなくてはならない」というメッセージを受け取ったことがあります。

     
    税関に引き取りに行くには、交通費も移動時間もかかり、税関でも長時間待たされたりすることがあるようです。

     
    では、時間がないという理由で、バイヤーさんが税関へ行けない場合、商品を引き取らない、という実例もあります。

     
    この場合、バイヤーさんの荷物は、一定期間、税関に保管された後、日本に返送されてしまいます。滅多にあることではありませんが、そのような場合の対処方法について解説をしておきます。
     


    関税(Import duty)とは

     
    関税は、輸入品に対して課せられる税金の事です。関税の支払い義務はバイヤー側にあります。関税の仕組みは国によって異なりますので、これらを事前にセラー側で把握することは困難であり、また、そのコントロールできる性格のものではありません。
     
    たまに見込みのバイヤーさんから「あなたから商品を購入する前に、関税がどれくらいかかるのか知りたい」と質問を受ける場合があります。しかしながら、これは、バイヤーさんからバイヤーさん自身の国の税関で調べてもらう必要があります。
     
    eBayに参加するメンバー全てが、関税の事を理解しているわけではありません。よって、eBayにおける商品出品の際、商品説明において、必ず「関税」についての説明を明記をします。
    https://smiley-journey.com/ebay-not-additional-shipping-fee-duty/



    関税などを理由にバイヤーが商品の受取りを拒否した場合

     
    eBayの取引において、「関税が高い」「税関まで荷物を取りに行くのが面倒」「時間がなくて税関まで出向けない」と言った理由で、取引がキャンセルになる場合があります。
     
    バイヤーさんからは、税関に「受取拒否」の意思表示をしてもらい、日本に返送してもらいます。また、税関における保管期限を過ぎた場合は、自動的に日本に返送となります。
     
    受取拒否、保管期間経過による返送の場合、復路に対する別途の返送料はかかりません。



      

    バイヤーさんへの返金方法

     
    商品が手元に戻ったら、商品代金を返金します。なお、行きの送料は、既に郵便局に支払っているため返金する必要はないです。Free shippingとしていた場合は、その実費分を差し引きます。その旨は、事前にバイヤーさんにメッセージを送り、了承を得ておきます。返金は、PayPalから行ないます。
     

    1.PayPalにて、該当の取引をクリックし、「この支払いを返金」をクリックします。
     

    2.返金金額の箇所に返金する金額を入力し、続行をクリックします。
     


    3.返金完了です。eBay、PayPalの手数料は返金した分、連動して返還されます。PayPalは、その場で手数料が返還されたことが確認できます。万が一、eBayの手数料が返還されていない場合は、eBayの「Help & Contact」から、「商品の受け取りをバイヤーが拒否したため、PayPalにて送料を差し引いた額を返金しました。eBay手数料が徴収されたままですので、返金をお願いします。」をメッセージを送ります。2日程度でメッセージに返信があり、手数料は返還されます。


    今日のまとめ

    eBayの取引において、関税が高い事などを理由に、バイヤーが商品の受取りを拒否した場合は、返送扱いとなるため、別途の返送料はかかりません。また、商品が手元に戻ったら、元々の送料を差し引いた商品代金をPayPalで返金します。






    記事がお役に立てましたら、応援のクリックをお願い致します!!

    にほんブログ村 小遣いブログ 海外輸出・輸入ビジネスへ
    にほんブログ村

    輸入・輸出ビジネスランキング

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。